Share:

王者の前に跪け~全寮制学院は波乱万丈

READING AGE 18+

藤雪花 YA&Teenfiction

135 reads

【ド田舎育ちの少年が特待生につられた全寮制私立高校は、超カネ持ち子息子女の通う特殊な学校だった】

自分のことをド田舎育ちの平凡なヤツと思っている藤日々希(ふじひびき)。
学費免除の特待生にひかれ、全寮制の大和薫英学院に入学することに。

その学校は、政界、財閥、経済界を仕切る、源氏一族の子息子女たちが通う、世俗とは隔絶された学校だった。
彼らのトップには王様のごとく北条和寿らが君臨していて。
そんな中、目立たず騒がず当たり障りなく高校生活を満喫したい日々希。
だが日々希は願い空しく、源氏一族の権力争いや愛憎に巻き込まれるのだった。

■念のためのR18です。一部過激表現あり。※を付けています。
■主人公、日々希のうだうだ展開あります。あきれながらもついてきてくださると嬉しいです。
■表紙の画像は以下で作ったのを借りております♪ありがとうございます!!

Picrewの「Euphälmäuge[少年の館]」でつくったよ! h****://picrew.me/share?cd=NpOvzWPkGy #Picrew #Euphälmäuge少年の館

Unfold

Tags: possessivearrogantstudentbxbhighschoolschoolseductive
Latest Updated
11、和寿の隠し事②※

日々希でも知る有名ブランドの女ものの数々が薄紙に包まれて、小包の中から取り出されていく。

和寿の指示するように、送り先の伝票をはがして中のメッセージをさっと目を通す。

そのメッセージを和寿に渡す。

和寿が横によけるものがあることに気が付いた。

どういう基準でわけているのか日々希は聞く。


「名前付きのメッセージを残すことにする。貴重だから」

「貴重ってどういうこと?」

「それは……」

和寿は顎で衣装の山を指した。

「こういうものを俺に送り付けるぐらい俺のことが気になるっていうことを、あえて恥ずかし気もなく名前付きで教えてくれているんだ。将来何かの役にたつかもし……

Comment

    Navigate with selected cookies

    Dear Reader, we use the permissions associated with cookies to keep our website running smoothly and to provide you with personalized content that better meets your needs and ensure the best reading experience. At any time, you can change your permissions for the cookie settings below.

    If you would like to learn more about our Cookie, you can click on Privacy Policy.